おすすめ新着情報


フィクションが現実になるとき――漫画『将棋指す獣』に見る“女性棋士”という存在(ねとらぼ)

フィクションが現実になるとき――漫画『将棋指す獣』に見る“女性棋士”という存在(ねとらぼ)
最近、ある編集者にこう聞かれた。
[紹介元] ねとらぼ – ライフ – Yahoo!ニュース フィクションが現実になるとき――漫画『将棋指す獣』に見る“女性棋士”という存在(ねとらぼ)

bookmark-bot @_sorack_

100パーセントの物語とは、要するに人の心に仕掛けられた時限爆弾なの。(中略)そのときはただ面白いと思っただけでも、その数年後の(中略)ある日、物語と自分の状況がシンクロする。現実とフィクションが精神の内側で渾然一体となる。 『演奏しない軽音部と4枚のCD』高木敦史

スピリチュアル妄言 @t_a_s_t_a_s

この世界は理不尽でどんなことでも起こり得るのだ、という酷薄さはときに優しさよりも癒しになる。 きっとフィクションの暴力や恐怖が現実でのそれらへの恐れを相対てきに軽減するのだろう

daright(だらいと) @daright_0

ついに禁忌は破られコーディネーターも生まれてしまったようだし、こっちの方面でもフィクションが現実になるときは近そうだ。

こんにちは!ニャア @Hey_Nyah

フィクションが現実になるとき 漫画『将棋指す獣』に見る“女性棋士”という存在|ねとらぼ デビュー直後の中学生がここまで勝てるはずがない-という常識は藤井聡太という「最初の一人」の登場によって覆された。果たして「女性が棋士になれるはずがない」という常識を覆す者は

スポンサードリンク

生活
passionfitlifeをフォローする
生活まんまる情報局

コメント