おすすめ新着情報


【感染症ニュース】溶連菌感染症 12月のピークに向け患者数が急増 集団発生に注意(感染症・予防接種ナビ)

【感染症ニュース】溶連菌感染症 12月のピークに向け患者数が急増 集団発生に注意(感染症・予防接種ナビ)

2018/11/5~11/11(第45週)の溶連菌感染症の患者報告数は7,671人で、12月のピークに向けて患者数が急増しています。
溶連菌感染症は、医師の指示に従うことが重要です。
予防のためのワクチンは、まだ実用化されていません。
◆症状 溶連菌感染症は、学童期の小児に最も多く、3歳以下や成人では典型的な症状が現れます。
まれに重症化し、全身に赤い発しんが広がる「猩紅熱(しょうこうねつ)」になることがあります。
予防には、手洗い、咳エチケットなどが有効です。
感染症には感染していても症状をきたさない「不顕性感染」というものがあり、感染症の種類によっては症状がなくても周りにうつしてしまうという事がありうるので、普段からの、しっかりきれいに手を洗うというのは、大事な予防法です。
ハンカチ、あるいはタオルで防ぐのも同様に有効だと思います。
◆登校・登園基準 日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会2018年7月改訂版「学校、幼稚園、保育所で予防すべき感染症」によると、溶連菌感染症の登校、登園基準は「適切な抗菌薬による治療開始後24時間以降適切な抗菌薬による治療開始後24時間以内に感染力は失せるため、それ以降、登校(園)は可能である。
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員安井良則氏。

[紹介元] 感染症・予防接種ナビ – ライフ – Yahoo!ニュース 【感染症ニュース】溶連菌感染症 12月のピークに向け患者数が急増 集団発生に注意(感染症・予防接種ナビ)

薬剤師ニュース配信くん @e89314news

【特集】秋・冬に流行しやすい感染症の対策法 第5回 溶連菌は大人にも感染する! 症状や治療薬を小児科医に聞いた - BIGLOBEニュース

オリオンの風 @orion1223star

【感染症ニュース】溶連菌感染症 12月のピークに向け患者数が急増 集団発生に注意 定点当たり報告数が多い順  ・鳥取県(4)  ・山口県(3.87)  ・福岡県(3.86)  ・北海道(3.68)  ・埼玉県(3.49) 

どるぴん @carapowa1

【感染症ニュース】溶連菌感染症 患者数が増加 12月に向け注意が必要|感染症・予防接種ナビ 2018/10/22~10/28(第43週)の速報データ・定点当たり報告数が多い順  ・石川県(3.31)…

スポンサードリンク

病気・予防
passionfitlifeをフォローする
生活まんまる情報局

コメント