おすすめ新着情報


ハロウィーンに幽霊として帰ってきた同居人 成仏するために「言わないといけないこと」を伝える漫画が切ない(ねとらぼ)

ハロウィーンに幽霊として帰ってきた同居人 成仏するために「言わないといけないこと」を伝える漫画が切ない(ねとらぼ)
ハロウィーンの夜、男性の家に「幽霊」として元同居人の女性が帰ってくる漫画が、いろいろと想像させる切ない展開で反響を呼んでいます。
……しかし、彼女から出た「もう買ってあるよ」という言葉を聞いた彼は“淡泊”なままではいられなかったようです。
プロポーズともとれる言葉への返事を聞かれ、「帰ったら言うとそのまま飛行場へ向かった彼女――その1年後、彼女を早く帰らせようともしました。」
そこに何も説明はありませんが、大事な人を失った彼がこの1年で気持ちを整理していたこと、それでも忘れられず時間が止まっていたことなどを想像させ、彼女の1年越しの“返事”を聞いた彼の心情を思うだけで切なくなります。
またいろいろと想像させる余地のある内容にさまざまな声が上がり、3ページ目の幽霊の彼女が笑顔から静かな表情に変わったシーンに対し、返事を聞いた男性の揺れ動く表情を見ているという意見や、彼と話しているうちに過去を思い出したという意見などが上がっています。
現在は「黄身が白と言った殻」を漫画配信サイト「MAGCOMI」で連載中で、コミックス第1巻が販売中。
[紹介元] ねとらぼ – ライフ – Yahoo!ニュース ハロウィーンに幽霊として帰ってきた同居人 成仏するために「言わないといけないこと」を伝える漫画が切ない(ねとらぼ)

りゅた @poco120724

ウルっときた🥺寝る😑 ハロウィーンに幽霊として帰ってきた同居人 成仏するために「言わないといけないこと」を伝える漫画が切ない

スポンサードリンク

生活
passionfitlifeをフォローする
生活まんまる情報局

コメント