おすすめ新着情報


【感染症ニュース】伝染性紅斑(りんご病) 患者数が増加 今後2015年以来の流行となる予想 特に妊婦の感染に注意(感染症・予防接種ナビ)

【感染症ニュース】伝染性紅斑(りんご病) 患者数が増加 今後2015年以来の流行となる予想 特に妊婦の感染に注意(感染症・予防接種ナビ)
2018/11/12~11/18(第46週)の伝染性紅斑の患者報告数は1,921人で、例年と比べて患者数が増加しており、今後2015年以来の大きな流行となることが予想されます。
感染後約1週間で軽い感冒様症状を示すことがありますが、この時期にウイルス血症を起こしており、ウイルスの体外への排泄量は最も多くなります。
続いて腕、脚部にも両側性にレース様の紅斑がみられます。
本疾患の大きな特徴として、発疹出現時期を迎えて伝染性紅斑と診断された時点では、抗体産生後であり、ウイルス血症はほぼ終息し、既に他者への感染性は、ほとんどないといわれています。
妊娠前半期は、より危険性が高いといわれていますが、後半期にも胎児感染は生じるとの報告があります。
本症は紅斑出現の時期には特徴的な症状が現れないため診断に至らず、効果的な二次感染の予防策はありません。
[紹介元] 感染症・予防接種ナビ – ライフ – Yahoo!ニュース 【感染症ニュース】伝染性紅斑(りんご病) 患者数が増加 今後2015年以来の流行となる予想 特に妊婦の感染に注意(感染症・予防接種ナビ)


cassa @cassava274deux1

ほっぺが赤くなったときはもう感染性がないのでなかなか難しいですが日頃から睡眠など規則正しい生活と、とにかく「手洗い」です。 【感染症ニュース】伝染性紅斑(りんご病) 患者数が増加 今後2015年以来の流行となる予想 特に妊婦の感染に注意|感染症・予防接種ナビ

スポンサードリンク

病気・予防
passionfitlifeをフォローする
生活まんまる情報局

コメント