おすすめ新着情報


【感染症予報】12月に注意してほしい感染症、No1・インフルエンザ、No2・ノロウイルス感染症、No3・咽頭結膜熱、No4・伝染性紅斑(りんご病)(感染症・予防接種ナビ)

【感染症予報】12月に注意してほしい感染症、No1・インフルエンザ、No2・ノロウイルス感染症、No3・咽頭結膜熱、No4・伝染性紅斑(りんご病)(感染症・予防接種ナビ)
12月に注意してほしい感染症 【No1】インフルエンザ…12月に患者数が増加し、流行が始まっていくものと予想されます。
【No3】A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)…12月のピークに向かって患者報告数が増加していくことが予想されます。
特に妊婦が感染すると、流産の原因となることがありますので、妊娠中の女性は注意が必要です。
通常は1週間前後の経過で軽快しますが、いわゆる「かぜ」と比べて全身症状が強いのが特徴です。
インフルエンザの感染対策として、咳エチケット。
接触感染対策としての手洗いの徹底が重要であると考えられますが、たとえインフルエンザウイルスに感染しても、全く無症状の不顕性感染例や臨床的にはインフルエンザとは診断し難い軽症例が存在します。
例年12月にピークを迎えます。
通常は便に血液は混じりません。
感染してから発病するまでの「潜伏期間(せんぷくきかん)」は1~2日と他の感染症と比較して短い方であり、症状の持続する期間も数時間~数日(平均1~2日)と比較的短期間です。
今後とも溶連菌感染症の症状が疑われる場合は、医師の指示に従うことが重要です。
途中で抗菌薬をやめた場合、病気の再燃や糸球体腎炎などの合併症を来すことが知られています。
また、舌にイチゴのようなぶつぶつができる「イチゴ舌」の症状が現れます。
主な感染経路は、発症者に対しては、適切な抗菌薬による治療が開始されてから48時間が経過するまでは学校、幼稚園、保育園での集団生活は許可すべきではないとされています。
4~5歳を中心に幼児、学童に好発する感染症で、単鎖DNAウイルスであるヒトパルボウイルスB19が病原体です。
感染後10~20日で現れる両頬の境界鮮明な紅斑があります。
発熱はあっても軽度です。
[紹介元] 感染症・予防接種ナビ – ライフ – Yahoo!ニュース 【感染症予報】12月に注意してほしい感染症、No1・インフルエンザ、No2・ノロウイルス感染症、No3・咽頭結膜熱、No4・伝染性紅斑(りんご病)(感染症・予防接種ナビ)


子育て応援団 @kosodateouendan

【感染症予報】12月に注意してほしい感染症 No3・ A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 ( 溶連菌感染症 ) 幼児・学童期がかかりやすく、冬季および春から初夏にかけての2つの報告数のピークがあります。   子育て応援団

コメント