おすすめ新着情報


【感染症予報】1月に注意してほしい感染症、No1・インフルエンザ、No2・ノロウイルス感染症、No3・伝染性紅斑(りんご病)、No4・A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)(感染症・予防接種ナビ)

【感染症予報】1月に注意してほしい感染症、No1・インフルエンザ、No2・ノロウイルス感染症、No3・伝染性紅斑(りんご病)、No4・A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)(感染症・予防接種ナビ)
【No4】A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)…冬期休暇明けの学校再開とともに患者数が増加していくことが予想されます。
◆インフルエンザ 1~4日間の潜伏期間を経て、突然に発熱(38℃以上の高熱)、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛・関節痛などが出現し、鼻水・咳などの呼吸器症状がこれに続きます。
他に接触感染もあるといわれています。
インフルエンザの感染対策として、咳エチケット。
◆ノロウイルス感染症 主な症状は、はき気、おう吐及び下痢です。
小児ではおう吐が多く、おう吐・下痢は一日数回からひどい時には10回以上の時もあります。
4~5歳を中心に幼児、学童に好発する感染症で、単鎖DNAウイルスであるヒトパルボウイルスB19が病原体です。
感染後10~20日で現れる両頬の境界鮮明な紅斑があります。
発熱はあっても軽度です。
今後とも溶連菌感染症の症状が疑われる場合は、速やかにかかりつけ医を受診しましょう。
途中で抗菌薬をやめた場合、病気の再燃や糸球体腎炎などの合併症を来すことが知られています。
また、舌にイチゴのようなぶつぶつができる「イチゴ舌」の症状が現れます。
主な感染経路は、発症者に対しては、適切な抗菌薬による治療が開始されてから48時間が経過するまでは学校、幼稚園、保育園での集団生活は許可すべきではないとされています。
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員安井良則氏。
[紹介元] 感染症・予防接種ナビ – ライフ – Yahoo!ニュース 【感染症予報】1月に注意してほしい感染症、No1・インフルエンザ、No2・ノロウイルス感染症、No3・伝染性紅斑(りんご病)、No4・A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)(感染症・予防接種ナビ)


子育て応援団 @kosodateouendan

【感染症予報】1月に注意してほしい感染症 No3・ 伝染性紅斑 ( りんご病 ) 妊婦 が感染すると、胎児水腫 や 流産 の可能性があります。   子育て応援団

感染症・予防接種ナビ @kansensho

【感染症予報】1月に注意してほしい感染症  No1・ インフルエンザ(季節性) とは インフルエンザは、インフルエンザウイルスを病原体とする急性の呼吸器感染症です。 感染症・予防接種ナビ

ピョートル4世@BSべっぴんさんへGO! @Pyotr1840

【感染症 予報】1月に注意してほしい感染症、No1 インフルエンザ、No2 ノロウイルス感染症、No3 伝染性紅斑(りんご病)、No4 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症) スマートニュース

コメント