おすすめ新着情報


【感染症予報】2月に注意してほしい感染症、No1は、インフルエンザ、No2:伝染性紅斑(りんご病)、No3:ロタウイルス感染症、No4:A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)(感染症・予防接種ナビ)

【感染症予報】2月に注意してほしい感染症、No1は、インフルエンザ、No2:伝染性紅斑(りんご病)、No3:ロタウイルス感染症、No4:A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)(感染症・予防接種ナビ)

2月に注意してほしい感染症 【No1】インフルエンザ…1月から患者数が急増し、本格的な流行状態となっています。
【No3】ロタウイルス感染症…例年3~5月のピークにむけて、2月を含めて患者数の増加が始まります。
特に、幼児や学童の集団施設での発生にご注意ください。
通常は1週間前後の経過で軽快しますが、いわゆる「かぜ」と比べて全身症状が強いのが特徴です。
接触感染対策としての手洗いの徹底が重要であると考えられますが、たとえインフルエンザウイルスに感染しても、全く無症状の不顕性感染例や臨床的にはインフルエンザとは診断し難い軽症例が存在します。
妊娠前半期は、より危険性が高いといわれていますが、後半期にも胎児感染は生じるとの報告があります。
典型例では両頬がリンゴのように赤くなることから「リンゴ病」と呼ばれることがありますが、実際には典型的な症状ではない例や症状が現れないケースもあり、様々な症状があることが明らかになっています。
続いて腕、脚部にも両側性にレース様の紅斑がみられます。
本疾患の大きな特徴として、発疹出現時期を迎えて伝染性紅斑と診断された時点では、抗体産生後であり、ウイルス血症はほぼ終息し、既に他者への感染性は、ほとんどないといわれています。
生後6か月以降2歳未満の時期に感染するともっとも重症化しやすいといわれており、入院治療を必要とする乳幼児下痢症の35~52%がロタウイルスによるものです。
生涯をとおしてロタウイルス感染は繰り返し起こりますが、一般に年長児や成人は不顕性感染となります。
途中で抗菌薬をやめた場合、病気の再燃や糸球体腎炎などの合併症を来すことが知られています。
また、舌にイチゴのようなぶつぶつができる「イチゴ舌」の症状が現れます。
主な感染経路は、発症者に対しては、適切な抗菌薬による治療が開始されてから48時間が経過するまでは学校、幼稚園、保育園での集団生活は許可すべきではないとされています。
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員安井良則氏。

[紹介元] 感染症・予防接種ナビ – ライフ – Yahoo!ニュース 【感染症予報】2月に注意してほしい感染症、No1は、インフルエンザ、No2:伝染性紅斑(りんご病)、No3:ロタウイルス感染症、No4:A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)(感染症・予防接種ナビ)


感染症・予防接種ナビ @kansensho

【感染症予報】2月に注意してほしい感染症 No4・ 溶連菌感染症 とは【A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 解説】 幼児・学童期がかかりやすく、冬季および春から初夏にかけての2つの報告数のピークがあります。 感染症・予防接種ナビ

感染症・予防接種ナビ @kansensho

【感染症予報】2月に注意してほしい感染症  No3・ ロタウイルス感染症 とは 嘔吐と下痢、発熱の3つが主な特徴。 生後6か月以降2歳未満の時期に感染すると最も重症化しやすいと言われています。 感染症・予防接種ナビ

たまちゃん @U_S_Tama

( ・`ω・´) (・ω・。)(・ω・。) うーむ…車がボツボツ模様になってそうだ…。結局予報と結構違う降り方だったよね〜。いろんな感染症の流行を弱めてくれるくらい降るかと思ったのに…

YN,RedQueen @yn_redqueen

感染症予報には正しい知識が大事!というとHPVウイルスなんて一部のそそっかしい兄貴が「性感染症だから性教育で予防しろ」とか言ってた割に、(つづく

コメント