アメリカFDA、Novacytの新型肺炎検診キットを緊急承認 (3/23)#まとめ #Twitter #ニュース
アメリカFDA、Novacytの新型肺炎検診キットを緊急承認 (3/23)

アメリカFDA、Novacytの新型肺炎検診キットを緊急承認

記事のURLはこちら→ https://www.wowkorea.jp/news/korea/2020/0323/10254340.html

フランス・イギリス系バイオテクノロジー会社のNovacyt Groupは、アメリカ食品医薬品局(FDA)から新型コロナウイルスの検査キットに対する緊急使用承認(EUA)を受けたと発表した。

 23日(現地時間)、ロイター通信によると、Novacyt GroupはFDAの承認によって、アメリカの病院や実験室で検査キットが臨床診断に使用できるようになったと説明した。同時にアメリカ市場における供給も可能になったと付け加えた。

 Novacyt Groupの最高経営責任者(CEO)は、「アメリカFDAのEUAは、新型コロナウイルスの検診キットの性能と品質を保証するものである」と述べた。

 また、「Novacyt Groupが同ウイルスを抑えるために大きな役割を果たしていることを改めて証明する」と強調した。




Twitterまとめ

Annaliese✈🌍海外ノマドライフ @lovequeserasera

RT @yuboboboyubobo: シンガポール在住の皆さんにお願い、、 シンガポール在住の日本人26歳の元教員が、3日前に新しい仕事のEPがコロナウィルスの影響で打ち切られました。 4/17までに仕事を見つけないと本帰国せざるを得ないようです。 もし 「〜できるなら…

ねこまんま @CeaserSecond

RT @David_R_Stanton: という名前のプログラムを発表した。これは「コロナウィルス禍で金詰りになって倒産しそうな中小企業が楽に金融機関から金を借りられるように債務保証をするキャンペーン」です。 その債務保証をする原資がCARES法施行の為に用意された2兆ドル(…

経済はコントロールできるもの @ControlEconomy

平時における「余裕」を、「無駄」と切り捨ててきたのが緊縮財政。 今回の新型コロナウィルスへの対応能力のなさから分かるとおり。 政府は緊縮財政を止め、国債を発行して財源を作り、必ず起こる緊急時に備えて、日本に「余裕」を平時から備蓄させておくべき。 https://twitter.com/SPOdEYfxyrpptlV/status/1243881708266475525?49553

だま @Toyoji25

RT @hiraonsen: 名古屋市 西区 比良温泉です。 本日、23時半まで営業しております。 ★新型コロナウィルス対策について ①待合室、脱衣所に加湿器・空気清浄機を追加 ②中扉の廃止 ③入口にアルコールスプレーを設置 ④ウィルスが入らない様に3匹のタヌキが見張っており…

emanon @emanon35671793

桑田さん💕メッセージありがとうございます❣️元気出た〜。桑田さんもコロナウィルスだけじゃなくお身体、お気をつけくださいね #yoasobi

博史(元・ちなみ)パトラッシュ、疲れたろ。僕も疲れたんだ…。なんだか、とても眠いんだ…、パトラッシュ @CHINAmI91M

RT @onisci: スーパーマーケットに行ったら、品薄のお詫びに「新型コロナウィルスにより品薄」じゃなくて「新型コロナウィルス報道により品薄」と書いてあって、マスコミがこんなにおおやけに、あからさまに敵視されるのはこの国にとって不幸なことじゃないかなと思った。

നു് @sukumowata

RT @hiroshimilano: これだけ防衛する必要があるコロナウィルス。

|ω・) <かおもじですぉ。 @darkprincessgin

RT @nseman: 【緊急開催!コロナにまけるな!第一回Twitter模型飲み会!!】 新型コロナウィルスのせいで、模型仲間と飲みにもいけない!! それならTwitter上で飲もうぜ!! ってなわけで、勢いで企画してみました!! [日時] 2020年3月28日(土)…

⛩ザイス🌼 @zaisu_fwmf

RT @tpyclub: コロナウィルスの件は、宇宙から人類が選別されている。つまり、非常事態に人はどのような言動を取るのか見極められている。荒れ狂う、利己的に行動するなどネガティブエネルギーの渦にいる人は排斥され、未来に本当に必要な人間のみが選抜される。宇宙感を持った人間が生…

目覚めろ、その魂子@右手ちゃんだよ @tamako48

RT @kanenooto7248: 新型コロナウィルスでわかったことは「無駄だ削れ」と言われていたものが、実際には絶対に削っちゃいけないものだったし、「あれを削らなければもっと被害は少なかったのに」というどうしようもない現実。